行雲流水
座右の銘、書道で用いられる禅語(こううんりゅうすい)

座右の銘として用いられる禅語「行雲流水」の解説です。

禅語は常に短いですが、深い意味や文脈があります。

Thumbnail of post image 047

元々は荘子の言葉で、それを仏教が取り入れ、禅が用いるようになったという経緯があります。

出典を辿っていくことで、禅のみずみずしい感性が掴める語でもあります。

出典元となる道教の言葉

荘子(紀元前369年頃~紀元前 ...

Thumbnail of post image 163
(ひゃくしゃくかんとういっぽをすすめ じっぽうせかいにぜんしんをげんず)

少し長い禅語ですが、勇気を与えてくれる素晴らしい言葉です。

対句になっていて、どちらか単独でも用いられます。

まずは、原文を確認していきま ...