Thumbnail of post image 168

「花看半開」は、「花は半開をみる」と読みます。

出典は菜根譚で、意味は「何事もほどほどにやるのがよい」という文脈で例えとしてこの語は用いられています。

また、別な意味として、花は満開でなく、少し開いたくらいの頃 ...

桂花露香の意味
細部にも表れるその人の精神性や魅力を示す座右の銘で使える禅語(けいかはつゆもかんばし)

「桂花露香」(けいかはつゆもかんばし)は、秋の情緒を示す言葉です。

禅語としては「細部にも表れるその人の精神性や魅力」のことを意味します ...

柳緑花紅2
座右の銘、掛け軸、書道で使われる人気の禅語
(りゅうりょくかこう)
(やなぎはみどり はなはくれない)

禅語「柳緑花紅」の解説記事です。「柳はみどり、花はくれない」と読みことで「それぞれがそれぞれらしく」という意味が取り ...

百花為誰開

禅語「百花為誰開」の意味について解説です。

花は誰のために咲いているのか。

禅問答のような問いかけですが、いわゆる反語で答えはもちろん「花は誰のために咲いているのではない」ということになります。

出典