Thumbnail of post image 130
(いちいかんし、いちをもってこれをつらぬく)

「一以貫之」の意味をみていきます。

元々孔子は「思いやりをもって生きること」の意図で使っています。

一般には「一つのことをやり遂げること」の意味で使われることもありま ...

Thumbnail of post image 030
自業自得

じごうじとく

自分で行い、自分で得ること。
自分の生業によって、自分で生活すること。
自分の業(わざ)で、自分で獲ること。

自分でつかみ取るという徹底自力の宗教である禅らしい言葉。

逆に言う ...

Thumbnail of post image 181

きょうげべつでん、と読みます。

悟りは、言葉や文字で伝えることができない、という意味です。

不立文字と並んで使われることが多いです。

名門の違い

大切なことは、教科書や授業などで教えられていくとは限ら ...

Thumbnail of post image 071
れいだんじち、と読みます。
意味は、「冷たい・温かいは人から説明を受けて理解するものではなく、自分で感じるもの」です。
自分の体感・体験が最重要とする禅の基本概念です。
解説

勉強して学ぶこと、人から聞いたこと、本を読 ...

Thumbnail of post image 119

金龍という言葉がインパクトのある言葉です。その後の漢字が難しいので、少し読み解く必要があります。

読み方

金龍(きんりゅう)、寒潭(かんたん)を守らず

意味

寒潭(かんたん)を深く静かな湖のような場所を意味します。 ...

Thumbnail of post image 157
読み方は?意味は?

学道(がくどう)は火を鑽(き)るが如(ごと)し、と読みます。

出典と意味

禅僧夢想疎石の言葉です。

弟子に向かっての励ましの言葉で、学道は学問の道ということではなく広く一般に修行の道と捉えます。 ...

工夫
意味

あれこれと解決方法を試してみること。試行錯誤のプロセス。

禅の考え方

工夫することは、禅ではよいことと考えます。答えのあるものはなく、最初からうまく行くことははなかなかないからです。

どうやればいいのか、手を ...

Thumbnail of post image 013

当処(とうしょ)すなわち蓮華国(れんげこく)と読みます。今自分がいる場所が理想の地であり、極楽であるという意味の言葉です。この言葉が言いたい本質的な意味を考えていきましょう。

この言葉が言いたいこと

どこか遠い国に理想がある ...

随處作主
(ずいしょにしゅとなる)
随所作主(ずいしょさくじゅ)

禅語「随所に主となる」を取り上げます。

臨済宗の宗祖である臨済の言葉ですが、ストレートな禅の気風を味わうことのできる一言です。

それでは解説していき ...

禅語「看脚下」の意味
 照顧脚下も看脚下も同じ意味です(きゃっかしょうこ)

禅宗のお寺の玄関に立て札として「脚下照顧」と掲げられていたりします。

足に関わる禅語のようですが、実際にはどのような意味なのでしょうか。

まずは読み ...

Thumbnail of post image 116

禅語「主人公」の意味を考えていきます。主人公というと、物語のメインキャラクターという意味で用いられている言葉ですが、元々は禅問答にあった言葉です。自分を大切にして、主体的に生きていくことを自分に言い聞かせるための言葉です。禅ではまず徹 ...