Thumbnail of post image 187
自分の世界は自分が治める、静かに。

「寰宇」という字が常用漢字でな読みづらいですが、「かんう」と読みます。

言葉の意味と、禅の文脈での考え方をみていきましょう。

出典

『建中靖国続灯録』です。

『景徳伝 ...

Thumbnail of post image 072
心の花が世界を春にする

あなたの心次第で世界は楽しくなります。

逆に世界はあなたの面倒をみれないし、どれほどみんながあなたの世話を焼いてもあなたが幸せになれるとは限らりません。

なぜなら、あなたの世界はあなたの心 ...

Thumbnail of post image 196
自業自得

じごうじとく

自分で行い、自分で得ること。
自分の生業によって、自分で生活すること。
自分の業(わざ)で、自分で獲ること。

自分でつかみ取るという徹底自力の宗教である禅らしい言葉。

逆に言う ...

Thumbnail of post image 030

禅は文字を嫌いますが、数字も問題としません。量の大小を気にしないというある種の決意を現す禅語を深掘っていきます。

読み方と意味

ふぞうふげんと読みます。

出典

般若心経に出てきますね。

般若心経ではふー ...

物外の意味と実践
読み方と意味

物外は「もつがい」と読みます。意味は物理的なものの外側という意味で、物質的な豊かさではなく精神的に充足された境地のことを言っています。つまり、端的にいえばお金で買えるもの<お金で買えないもの、ですよねという価値観を確認する ...