Thumbnail of post image 082
時の流れが本質を明らかにする

文字通り、雨や風にさらされて美しく磨かれているさまを示しています。

転じて、長年の努力を勧奨する言葉として用いられることがあります。

禅では基本的に辛苦努力や長年の我慢継続を勧めませ ...

Thumbnail of post image 114
世の中の移ろいに人間関係を気を止めず、とりあえずー休み、ひと休み出典晦機元煕(まいき げんき)

人間萬事塞翁馬

推枕軒中聴雨眠

有名な人間萬事塞翁馬の後節がこの言葉です。

人間萬事塞翁馬のエピソードの ...

Thumbnail of post image 035
すべてのものに仏性は宿っている

雨の一粒一粒が禅を教えてくれる。

竹の葉の一枚一枚が禅を説いている。

どこか遠い国に出かけていく必要はない。

超人的な修行も不要である。

どこかに立派な人が ...

Thumbnail of post image 023

一雨(いちう)、千山(せんざん)を潤す、と読みます。

日照りの続いて乾ききった山々に一雨降って、草木が生命力を取り戻す様子を現した言葉です。

もちろん、そうした情感あふれる風景を示すこの語には含意があり、ただ雨 ...

Thumbnail of post image 126
自分のことは自分でやるという禅語

その日に何かしら仕事をしなかったならば、その日はご飯は食べないという意味で用いられます。

百丈懐海(ひゃくじょうえかい)という偉いお坊さんがいて、毎日せっせと農作業やら清掃やらをしていて、す ...