Thumbnail of post image 129
困ったなら空を見上げよ。今日の幸せに気づけよ(くもしずかにして、にちげつただし)

禅語「雲静日月正」(くもしずかにして にちげつただし)は、特別なことは何もない穏やかな日を味わう言葉です。

日・月となっていますので、昼間のイ ...

Thumbnail of post image 169
読み方とイメージ

白雲(はくうん)、峰頂(ほうちょう)に起こる、と読みます。

白い雲が山の山頂に現れている様子です。

含意

面白い風景ですが、雲も山も意図するところは何もありません。
無作為、無心です。

Thumbnail of post image 009
読み方と意味

青霄裏(せいしょうり)に(住)とどまらず、と読みます。

意味

青霄は青空、大空のことで、ここでは師匠の教えを受けて得られた境地のことを指します。

その境地は大空のように爽快なわけですが、その師匠の教え ...