Thumbnail of post image 148

冬の情緒が漂う禅語です。その情感を味わうだけでもよいですが、その含意を掴めれば味わいは倍増します。まずは読み方からです。

読み方

雪裏(せつり)に高節(こうせつ)を見る、と読みます。

見(あらわ)すと読んでも構い ...

Thumbnail of post image 173

冬空から雪がしんしんと降ってきて、竹は静かにその雪を受け止めている。雪は竹のそばにあって、ますます白く、竹は雪のそばにあってますます青い。竹は一年中その色を変えないので、不老不死のめでたいものの象徴として、松とともに禅語によく登場する ...