Thumbnail of post image 152

清風匝地(せいふうそうち)

清風(せいふう)地を匝(めぐ)る

解説

清風匝地は同じ意味で、清風満地という言い方もあるので、匝地の部分は「至るところにある」という意味になります。清風は、禅の大好きな表現で、 ...

Thumbnail of post image 180

あさいせいふう、と読みます。

「捨ててしまえば、清風が感じられる」という意味です。

原文では

原文では湖の底に捨ててしまったとなっています。そうすると、清風が感じられて誰かに分けてやりたいくらいだという一句です。 ...

Thumbnail of post image 034
読み方

穆(ぼく)として清風のごとし、です。

出典

「詩経―大雅・烝じょう民みん」の詩の一節からです。

意味

穆は「慎む。やわらぐ。和やか。むつまじい。静か。美しい。」

すなわち、意味としては