Thumbnail of post image 171
(てんじょうてんがゆいがどくそん)
類語や言い換えから導く良い意味

漢字の並びを見ても非常に強い印象を与える言葉です。時に自分勝手(セルフィッシュ)という意味で使われることも多い言葉です。

この言葉は座右の銘として使 ...

Thumbnail of post image 190
犬のふんを食べるな!自分を大切にしろという禅語

今日は、禅語の「乾屎橛」を解説していきます。

読みづらい言葉で、また意味も少し難しい言葉です。

乾屎橛(かんしけつ)は 乾いたクソのことで、他人の助言など ...

Thumbnail of post image 179

「自信」は禅の一大テーマです。禅の教科書とでもいうべき臨済録にもたびたび登場する言葉です。そして病の原因として自信がないことを述べています。禅は少しずつ自信が持てるようになる漢方のような処方箋を日常で実践できるかたちで伝えてくれていま ...

Thumbnail of post image 007
読み方

せつにんとう・かつにんけん

さつじんとう・かつじんけん

意味

人を殺す刀剣で、人を活かすこともできる。

禅における指導の戒めとされる。

禅道では禅のはたらきを刀剣に例えるため、禅その ...

Thumbnail of post image 010
読み方と意味

楽(たのしみ)は、亦(ま)た、其(そ)の中(なか)に在(あ)り。

意味

楽しみは何でもない素朴のなかに見出すことができる。

出典

論語の述而篇です。

子曰く、疎食を飯い水を飲み、肱を曲げて之 ...

Thumbnail of post image 026
今だけしか考えない。過去を振り返らず、未来を恐れず。

禅語「而今」の意味や使い方を確認していきます。

日常用語ではないため、出典や考え方の背景も確認していきます。

読み方と意味読み方

「じこん」または「にこん」と読 ...

Thumbnail of post image 031
その音を聞けば死に至る太鼓。死を覚悟して初めて生きられる。

「毒鼓」とは意味は毒の塗られた太鼓のことで、ここではその猛毒のためにこの太鼓の音を聞いた人はみな死んでしまうという恐ろしい太鼓を意味します。

太鼓に毒が塗ってあると ...

自灯明とは
読み方と意味:自分を頼れ

「じとうみょう」と読みます。釈迦最後の言葉と言われています。意味としては自ら明かりを灯せということで、裏を返せば、「私はあなたを照らすことはない」という厳しい一言でもあります。つまり、自分で頑張れという宗教とし ...

Thumbnail of post image 133

明日のことを考えない、今日を全力で生きる。今日悟れる機会があるのなら、なんとしてでもものにしろ。明日などあると思うな。明日死んでよいと思って、今日為せと。これを突き詰めると我々の日常は成り立たなくなる。ある程度は先々を見越して生きてい ...