Thumbnail of post image 113
「邪」の解釈が儒教と禅では少し異なります(おもいよこしまなし)

本日は「思無邪」を取り上げます。

孔子の短い言葉ですが、禅でもこの言葉は度々用いられます。

しかし、儒教と禅宗では少し解釈が異なります。

Thumbnail of post image 123

清風匝地(せいふうそうち)

清風(せいふう)地を匝(めぐ)る

解説

清風匝地は同じ意味で、清風満地という言い方もあるので、匝地の部分は「至るところにある」という意味になります。清風は、禅の大好きな表現で、 ...

Thumbnail of post image 167

せんしん、心を洗う。

とてもいい言葉の響きがありますが、ただの言葉で終わってしまってはもったいないです。逆に心の汚れとは何かを考えたり、どうやって洗うのかを考えることで実践に繋げます。

心の汚れとは感情のことか

...

Thumbnail of post image 181

あさいせいふう、と読みます。

「捨ててしまえば、清風が感じられる」という意味です。

原文では

原文では湖の底に捨ててしまったとなっています。そうすると、清風が感じられて誰かに分けてやりたいくらいだという一句です。 ...

Thumbnail of post image 011

難しい7文字の禅語ですが、分解して読めば意味は簡単に理解できます。

読み方と意味読み方

澗水(かんすい)松風(しょうふう)悉(ことごと)く、法(ほう)を説(と)く

意味

澗水は谷川の流れ、松林にうちつける風です。

Thumbnail of post image 089
読み方

穆(ぼく)として清風のごとし、です。

出典

「詩経―大雅・烝じょう民みん」の詩の一節からです。

意味

穆は「慎む。やわらぐ。和やか。むつまじい。静か。美しい。」

すなわち、意味としては

Thumbnail of post image 083

禅語「赤洒々」の意味と使い方、そして実践について解説していきます。

読み方と意味

赤洒々は、しゃくしゃしゃと読みます。漢字を分かいすると意味が分かります。

まじりけがない。ありのまま。

莫妄想(まくもうぞう)
今やっていること以外を考えることはすべて妄想という、今やっていることへの集中を促す禅語
(まくもうぞう)

莫妄想、妄想は意味が分かりますが、莫が漢語に慣れていない人でないと直感的に理解できません。

そのため、意味はも ...

柳緑花紅2
座右の銘、掛け軸、書道で使われる人気の禅語
(りゅうりょくかこう)
(やなぎはみどり はなはくれない)

禅語「柳緑花紅」の解説記事です。「柳はみどり、花はくれない」と読みことで「それぞれがそれぞれらしく」という意味が取り ...

Thumbnail of post image 191

かくのごとし、このとおりとなるが、如是法と同義で考えるべきだという。すべての根本の在り方を如是法である。如是、如是でそのまま、そのままと、Let it be, let it beというようにも捉えることができるようだ。そのものをそのま ...

Thumbnail of post image 110

着は執着、すなわち執着するなと。勿嫌底法(嫌う底の法なし)である。茶道にあっては、”お好み”の世界である。道具への”こだわり”、一味違うといったことに面白さを感じる文化という側