No Image
(でいぶつどろをわたらず しんこうてんちをてらす)

「泥仏不渡水 神光照天地」はそれぞれ単独に使われることの方が多い禅語です。

泥仏不渡水は「金仏不渡炉」 「木仏不渡火」と合わせて趙州の三転語として知られている偶像崇拝を否定 ...

Thumbnail of post image 051
読み方

ごんごどうだん 

意味

今日は「ひどいありさまで論外である」という意味で使われることが多いです。

 しかし、本来は「仏教・禅の“道”を求めるにあたって、言語は邪魔になる」という意味です。 ...

Thumbnail of post image 082
読み方と意味

じゃくえきっぱん、と読みます。

意味は服を着ること、ごはんを食べること。

意味

・当たり前を当たり前に行うこと、

・自分のことは自分でやること、

・最低限のことをしっかりやるこ ...

Thumbnail of post image 010
読み方と意味

青霄裏(せいしょうり)に(住)とどまらず、と読みます。

意味

青霄は青空、大空のことで、ここでは師匠の教えを受けて得られた境地のことを指します。

その境地は大空のように爽快なわけですが、その師匠の教え ...

Thumbnail of post image 079

禅の基底を成す言葉に「今、ここ」があります。意味は説明するまでもありませんが、あえて捕捉するなら「今、ここでできることをやり切ろう」という意味になります。

なぜ、「今、ここ」が大切なのか

禅の考える「今、ここ」は幾つか特徴が ...

Thumbnail of post image 012
読み方と意味

「たんばんかん」と読みます。板をかつぐ男という意味です。読み方としても「板をかつぐ男」でもよいかと思います。

意味

大きな板を右肩に乗せて担ぐと右側の視界が遮られます。左肩に乗せれば、左側の視界が遮られます。もの ...

活祖の意味と実践
読み方と意味

「かっそ」と読みます。生きている仏様という意味です。一般には成仏(仏に成る)というと死ぬことを意味しますから、生きている仏というのは矛盾する言葉のように感じます。生きている仏とはどういうことなのでしょうか。

何を伝え ...

清光無何処の意味と実践
意味と出典

清光無何処は「せいこういずれのところにかなからん」と読みます。虛堂録には上の句があって、「此夜一輪満、清光何處無です。上の句は「このよいちりんみちて」です。

続けて訓読みすると、「この夜一輪満ちて、清光いずれの所 ...

自分を持つ方法

禅の最大テーマの1つが「自信」であるととは、こちらで確認しました。

この自信を持つためのヒントとなる言葉に、「この身即ち仏なり」があります。つまり、自分自身が仏であるという意味です。

実際、仏教というのは、自分 ...

禅語「忘筌」の本当の意味とは

「忘筌」(ぼうせん)とは荘子外物篇に出てくる言葉です。

筌は魚を取る道具のことで、魚を取ったら釣り竿のことは忘れてしまうという文脈で出てきます。

現代的な解釈では、目的こそが重要で手段のことなど忘れてしまえ、と ...

両忘
物事を比較で考えずに、本来の目的や本質から考えようという禅語

禅の世界では多用される禅語のなかでも有名な一言です。例えば、明治時代の山岡鉄舟らが結成した参禅会は、両忘会と名付けられています。

よく用いられる言葉ではあるものの ...

禅語「無礙」とは

難解な禅語、「無礙」(むげ)を考えてみたいと思います。そっけなく扱うことの意味で「ムゲにする」といいますが、この場合の漢字は「無下」でまったく意味が異なります。「礙」が見慣れない漢字なだけに、直感的に理解しづらいところが無礙の難解さの ...

禅語「不識」とは

不識は「ふしき」と読みます。“知らない”という意味ですが、ニュアンスとしては「しらねーよ」「興味ないよ」といった意味になります。

何について関心がないのかが重要になりますが、その鍵はこの言葉を発した達磨(ダルマ)のエピソー ...

Thumbnail of post image 178

禅語「無隠」について解説していきます。無隠は「むいん」と読みますが、「隠すところ無し」と訓読みしても差し支えありません。正々堂々隠すところなしという意味ですから、そのままこそこそ隠し事をするのは止めようと理解しても問題ありません。しか ...

不立文字

不立文字はふりゅうもんじと読みます。

禅の基底をなす言葉で、「文字は役に立たない」という意味になります。すなわち、ひたすら体験・体得せよということになります。逆に人に教えるにも幾ら説いても無駄だ、ということになります。

Thumbnail of post image 085

志を持って、決して退かないこと。これなくして、ことは得られないと。ことを得るまで続ければよい。志といってしまうと精神論のような話になってしまいがちである。意思が強い、弱いとか。そうではなくてあくまで結果論なのではないだろう。得られるま ...

Thumbnail of post image 146

襴衫(らんさん)は衣服で、破襴衫とはすなわち、擦り切れた服。その裏地に清風を詰めて颯爽といく。ぼろを来て冬の日を行く。ぼろの切れ目からは寒風が入り込み、身震いするほどの寒さ。見た目にも寒々しい。しかし、この人は特に寒いようでもなく、ま ...

Thumbnail of post image 160

演劇をやっている役者の方の話だ。良い演技には、心から入るアプローチと体から入るアプローチがあるそうだ。心から入るアプローチは、いわゆるその人のなりきるというもので一般的な演技手法の理解に沿うものと思うが、これはよくないのだという。なぜ ...