Thumbnail of post image 017
(だいどうむもん)

大道無門(だいどうむもん)は、「禅の悟りの境地を意味する大道には特に入口がなく、だれでもいつでもどこでも入れるよ」という意味です。

禅問答をまとめた禅書「無関門」の序文を飾る非常に重要な言葉です。 ...

Thumbnail of post image 068
(やたいき)
昨日までと同じ世界が違って感じられたときの禅語

「也太奇」は読みづらいですが、「やたいき」と読みます。

「なんと不思議なことだ」という意味ですが、どんな不思議に際しても使う言葉ではありません。 ...

Thumbnail of post image 163

世界の不公平や「自分だけが損をしている」という思いかられた時に唱えるよい禅語です。心を明るく、落ち着かせてくれる禅語です。

読み方と意味

「へんかい、かつてかくさず」と読みます。

直接的な意味は「この世界は、本当 ...

Thumbnail of post image 076

当処(とうしょ)すなわち蓮華国(れんげこく)と読みます。今自分がいる場所が理想の地であり、極楽であるという意味の言葉です。この言葉が言いたい本質的な意味を考えていきましょう。

この言葉が言いたいこと

どこか遠い国に理想がある ...

清光無何処の意味と実践
意味と出典

清光無何処は「せいこういずれのところにかなからん」と読みます。虛堂録には上の句があって、「此夜一輪満、清光何處無です。上の句は「このよいちりんみちて」です。

続けて訓読みすると、「この夜一輪満ちて、清光いずれの所 ...

Thumbnail of post image 032

禅語「無隠」について解説していきます。無隠は「むいん」と読みますが、「隠すところ無し」と訓読みしても差し支えありません。正々堂々隠すところなしという意味ですから、そのままこそこそ隠し事をするのは止めようと理解しても問題ありません。しか ...

Thumbnail of post image 113
処処全真

古くて難しい本を読む必要はありません。苦しい修行を積み重ねる必要もありません。遠くどこかに出かけていく必要もありません。だれか偉い人の話に聞き入る必要もありません。静かに座って心を落ち着かせよ。自分自身のなかに仏を見出せ。

福寿海無量
掛け軸で用いられる幸せの言葉
(ふくじゅかいむりょう)

「福寿海無量」は、掛け軸や書道、茶道などでよく用いられる非常に人気のある言葉です。

観音経というやさしいお経のなかでも、分かりやいハイライトとなるフレー ...

Thumbnail of post image 124

目の前にあるよ、と。一体何が目の前にあるというのだろうか。探し物が目の前にあるよ、といってくれているのだろう。では、その探し物とはなにか。それはたぶん大切なものだろうし、もちろん探し求めているものだろうし、悟りのようなものかもしれない ...