Thumbnail of post image 191
読み方と意味読み方

べつにこれ、いっかのふう
べつにこれ、いっかふう

意味

それぞれのやり方があるということ。

禅宗にも宗派がいくつもありますし、茶道・華道にも家元がいて、それぞれやり方は違います。 ...

Thumbnail of post image 180
読み方

別(べつ)に是(こ)れ、一壺(いっこ)の天と読みます。

意味

意味は「人にはそれぞれ美しい世界があり、それぞれにその世界を育むべきだし、人の美しい世界に触れるのも時によい」で、自分の内的世界の充実と他者の内的世界の尊重 ...

濟其美の意味と実践
読み方と意味、出典

濟其美は「そのびをなす」を読みます。出典は「春秋左伝」で「世世濟其美」とあり、世々(よよ)は代々という意味で、先祖・先人の良い行いを引き継いで行っていくことを意味します。

使い方としては、直接的には代々の ...

柳緑花紅2
座右の銘、掛け軸、書道で使われる人気の禅語
(りゅうりょくかこう)
(やなぎはみどり はなはくれない)

禅語「柳緑花紅」の解説記事です。「柳はみどり、花はくれない」と読みことで「それぞれがそれぞれらしく」という意味が取り ...